病気や事故に負けず幸せな生活を

がん保険に入るメリット

がん保険に入るメリットとは何でしょう?

がん保険に加入すると、長い間保険料を払い続けることになります。もちろん、がんにならなければ保障はされません。その為、長年、保険料を払い続ける意味があるのか疑問に思う部分でもあります。

保険料として支払う金額を貯蓄に回し、万が一がんと診断された時に治療費を貯蓄から出す方が賢明かもしれません。

しかし、万が一がんになって治療期間が長引いた場合、仕事ができなくなった場合、貯蓄を他の目的で使わなければならなくなった場合には、がん保険が役に立つでしょう。また、病気の心配に加えて、お金のやりくりのことばかり考えなくても良いので、精神的なダメージが少なくなります。

すでに医療保険へ加入済みの方であれば、がん特約を付け加えるという方法で、がんを含むあらゆる病気に対応できる保険を持つことができるでしょう。    

医療保険とは、病気やケガで通院・入院したり手術を受けたりした時に発生した医療費の全額または一部を補償する保険です。国民健康保険などの公的医療保険と、民間医療保険があります。

国民健康保険は、健康状態に関わらず誰しもが加入でき、収入によって保険料が変わります。反対に、民間の医療保険は、保険内容や補償額によって保険料が変わりますし、加入時に健康状態などの審査が課せられるのが特徴です。

民間の医療保険には、先進医療対応の医療保険があり、人気があります。先進医療とは、厚生労働大臣が定める高度で最先端の医療技術を用いた療養のことです。先進医療の費用は、一般医療と比べて技術・治療効果は高いのですが、技術料が非常に高く、健康保険の適用対象外である為、その治療費用は全額自己負担となります。先進医療対応の医療保険があれば、万が一の時に安心して高度医療を受けることができるでしょう。

医療保険は、主に「入院給付金」と「手術給付金」という2種類の保障から成り立っています。「入院給付金」は、対象となる病気やケガで入院をした場合に、支払い限度日数以内で入院1日あたり5,000円~2万円などの決められた額が支払われます。「手術給付金」は、給付金の支払い対象となる手術を受けた場合に、入院給付金日額の5~40倍程度の額が支払われるものが一般的です。

厚めの医療保障があると安心ですが、やみくもに高い保障をつける必要はありません。日本では国民全員が健康保険などの公的医療保険に加入しているため、医療費の自己負担は原則3割に抑えられており、一般的に月の医療費が約8万円を超えた場合に払い戻しを請求できる「高額療養費制度」もあります。