病気や事故に負けず幸せな生活を

ペット保険について知りたい

家族の一員である大切なぺットですが、体調を崩した時に使える公的な健康保険がありません。

保険に入っていないと、病気やケガで動物病院の治療を受けたとき、かかった費用の全額を負担しなければなりません。ペットが病気やケガで動物病院にかかった際の治療費や手術代、入院費用などの一部を保障するのがペット保険です。 ペットの食事内容や飼育環境の向上、そして獣医療の高度化により、ペットの高齢化が進んでいます。高齢化が進むと同時に、ガンや糖尿病、白内障などの病気になるペットが増えているのも事実です。人間以上に治療費や入院・手術費が掛かることもあるので、こんな時にペット保険が欠かせません。保険があれば、医療費用を気にすることなく必要な治療を受けることができるでしょう。

年々ペット保険の需要は増加傾向にあります。保険会社からも多種多様なペット保険が発売され、より選択肢が広がってきています。商品によっては、医療費の補償の他にペットが他人に怪我を負わせてしまったり、他人のものを壊してしまい損害賠償責任が生じた場合に補償する賠償責任特約がセットされたものもあります。

ペット保険に加入できるペットの種類は、一般的には犬と猫です。また、ペットとして人気の鳥、うさぎ、フェレットをカバーする商品も珍しくありません。