病気や事故に負けず幸せな生活を

副腎がんとは

副腎は両方の腎臓の上にかぶさるように位置する左右1対の臓器で、副腎皮質ホルモンを分泌しています。副腎に発生する癌を副腎がんと呼びます。

副腎は腫瘍ができやすい臓器だと言われていますが、できる腫瘍のほとんどは良性の腫瘍です。悪性の腫瘍はその中の10%ほどです。副腎の場合、良性腫瘍が悪性腫瘍に変化することはありません。

初期症状がほとんどないため、発見された時点で腫瘍が5cm以上の進行がんになっていることが多くあります。手術以外に有効な治療法がありません。手術が不可能な場合には、薬物療法が実施されます。薬物療法によって腫瘍が小さくなれば、手術を行える可能性ができるかもしれません。