病気や事故に負けず幸せな生活を

子宮内膜症とは

本来、子宮内膜は子宮の内腔に存在するものですが、卵巣や骨盤の腹膜などの子宮以外の場所で増殖する病気を子宮内膜症と呼びます。20代~40代の女性に多い病気と言われています。

主な自覚症状は、つらい月経痛です。病気の進行とともに痛みがどんどん大きくなるのも特徴です。以前と比べて月経痛がきつくなったと感じる人は子宮内膜症を発症している可能性があります。

子宮内膜症は不妊症の原因ともなりますので、なるべく早めに治療を開始することが大切です。