病気や事故に負けず幸せな生活を

子宮頸がんとは

子宮頸がんは、女性の子宮頸部に発症するがんです。20代から30代の女性発症するすべてのがんの中で第一位であり、毎年約10,000人が発症し約3,500人が亡くなっています。子宮がんと呼ばれるがんのうち約7割を占めます。

子宮頸がんを発症すると、子宮や子宮周辺の臓器を摘出しなければいけなくなる可能性があるので、妊娠の機会を失ってしまうことがあります。

禁煙、子宮頸がん患者のほとんどが、ヒトパピローマウイルス(HPV)というウイルスに感染していることが判明されました。HPVは性交渉を経験したことのある女性の80%が感染するといわれています。子宮頸がんワクチンを受けることで、HPVの感染を予防することにより子宮頸がんの発症を防ぐことができます。