病気や事故に負けず幸せな生活を

小児がんとは

小児がんとは、15歳以下の子どもがかかる癌のことです。日本では、年間約2000人の子供が小児がんを発生すると言われています。小児がんには多くの種類の癌が当てはまります。小児がんの種類は大人に起こりやすい胃がんや肺がんとは異なります。特に白血病が多く、その他には脳腫瘍、網膜芽細胞腫、神経芽細胞腫、リンパ腫、骨肉腫などです。

すべての癌の発生率と比べてみると、小児がんが占める割合はたった1%程度ですが、子供の病気による死因の第1位となっています。

1960年代まで小児がんは不治の病と言われていました。しかし、それ以降、医学の進歩により、子供に適応する治療方法も生み出さされ、今では小児がん患者の70〜80%が治癒し、成人するようになりました。

大人と同様に、小児がんの治療には、外科手術、化学療法、放射線療法が行われます。子供の身体は大人よりも治療の効果が現れやすく治癒しやすいことが特徴的ですが、副作用が強く現れる傾向があります。