病気や事故に負けず幸せな生活を

拒食症とは

拒食症とは摂食障害のひとつです。外見へのコンプレックス等の心理的な原因で、極端に食事の量を減らしたり低カロリーの食事だけを続けることによって栄養不足の状態が続きます。

拒食症となるとどんどん体重が減り、基礎代謝に支障をきたしたりホルモンの分泌異常が生じます。それにより、月経が止まったり、骨粗鬆症、貧血、低体温、低血圧、不整脈、感染症、腎不全など重い合併症を引き起こす可能性があります。

拒食症となるきっかけは、ダイエットがエスカレートし、体重を落とすことを止められなくなってしまうことが多いといえます。一般的に10代後半から20代前半の女性に多く見られる病気ですが、最近では男性の患者数も増えているようです。