病気や事故に負けず幸せな生活を

癌にならないための食事

癌になりたくなければ、普段の食生活に注意することが大切です。

癌の原因の35%は食生活、30%は喫煙であると言われていますから、煙草を吸わず食生活に気をつけていれば、癌の可能性は3分の2以上防げることになるでしょう。

糖質や脂質、塩分、アルコールの過剰摂取は発がん物質などの影響を受け易い体質を作ります。近年の日本人に増えている大腸癌や乳癌の原因は、食生活の欧米化にあります。詳しく言えば、肉類の摂取の増加や食物繊維の不足などです。

摂取する食物だけではなく、調理方法によっても発がん性を高めてしまうことがあります。調理した時にできる焦げには発がん性物質が含まれていますし、温度が熱すぎると消化器官を弱めてしまうkとにより食道がんや胃がんの原因となると言われています。