病気や事故に負けず幸せな生活を

睾丸がんとは

睾丸がんとは、男性のみが持つ睾丸(精巣)に発生する癌で、精巣がんとも呼ばれます。

他の泌尿器系の癌と比較すると、20~30代のより若い患者さんに発生することが多い傾向があります。10万人に1〜2人に発症する稀な癌です。

睾丸の腫れやしこりが初期症状と言われています。傷みがないケースがほとんどです。自覚症状が出るころには、進行がんになっていたり、他臓器への転移を発見されることがあります。

睾丸がんには、セミノーマ(精上皮腫)と非セミノーマ(非精上皮腫)の2つに分類されます。どちらであるか明確にすることは、その後の治療方針を決定する上でとても大切です。非セミノーマはセミノーマよりも迅速に成長します。また、セミノーマでは放射線治療と抗がん剤による化学療法の両方が有効であるのに対して、非セミノーマでは化学療法は有効であっても、放射線治療の効果は低いと言われています。