病気や事故に負けず幸せな生活を

肺の癌の病気症状

肺腫瘍とは、肺にみられる腫瘍で良性のものと悪性のものが存在します。

良性腫瘍の場合は、特に症状は無く腫瘍が大きくなる速度も遅いです。転移することはありません。良性腫瘍であることが明らかであれば、治療を行う必要はなく、経過を観察するだけで問題ありません。大きくなったり、腫瘍ができた部位によっては、気管や気管支を圧迫して肺炎や息切れなどを起こすこともありますので、時々検査を受けることをお勧めします。

悪性腫瘍のほとんどが肺がんです。原因として最も多いのが喫煙と言われています。肺から発生したタイプと、他の臓器から転移したタイプの2種類に分かれます。また、進行が早い小細胞肺腫瘍と、ゆっくりと進行が進む非小細胞肺腫瘍の2種類に分かれます。肺がんの約85~87%が非小細胞肺腫瘍と分類されます。

肺がんの60%程度が肺腺がんです。肺腺がんは、非小細胞肺がんの一種で、日本人には特に多く発生するといわれています。非常に進行のスピードが早く、発見された時には既に転移していることが多いのも特徴です。

癌になりたくなければ、普段の食生活に注意することが大切です。

癌の原因の35%は食生活、30%は喫煙であると言われていますから、煙草を吸わず食生活に気をつけていれば、癌の可能性は3分の2以上防げることになるでしょう。

糖質や脂質、塩分、アルコールの過剰摂取は発がん物質などの影響を受け易い体質を作ります。近年の日本人に増えている大腸癌や乳癌の原因は、食生活の欧米化にあります。詳しく言えば、肉類の摂取の増加や食物繊維の不足などです。

摂取する食物だけではなく、調理方法によっても発がん性を高めてしまうことがあります。調理した時にできる焦げには発がん性物質が含まれていますし、温度が熱すぎると消化器官を弱めてしまうkとにより食道がんや胃がんの原因となると言われています。