病気や事故に負けず幸せな生活を

脂肪肝の症状や原因

脂肪肝とは、肝臓に脂肪がたまりフォアグラ状態であることです。脂肪肝になると、肝硬変や肝臓がんへと進行する可能性や動脈硬化などの生活習慣病のリスクを高めます。

脂肪肝になる原因は、糖分や脂質、アルコールの過剰摂取により肝臓に送られる脂肪酸が増えることで、肝臓で脂肪酸から作られる中性脂肪が肝臓にたまります。健康な肝臓には、3~5%の脂肪があり、5%を超えた場合に脂肪肝と呼びます。

脂肪肝の症状には、疲れやすい、肩がこる、頭がボーッとするといったものがあります。痛みなどの自覚症状がありませんので、健康診断などで肝硬変が発見された時には既に進行している場合が多くあります。

治療方法には、食事療法と運動療法が主な方法です。低カロリー・低脂肪食でバランスの良い食事を心がけましょう。