病気や事故に負けず幸せな生活を

腎がんとは

腎臓には色々な腫瘍が発生しますが、ほとんどの腫瘍が良性の腎嚢胞です。

尿をつくる部分にできる悪性腫瘍のことを腎がんと呼び、10万人当たり男性で7人、女性で3人ほど発生すると言われています。高齢の男性が発症することが多く、加齢に伴って発生頻度が高まる癌です。

腎臓は体の表面から深いところに位置するため、早期の段階では自覚症状はありません。脇腹から腰にかけての痛み、血尿、おなかやわき腹のしこりが現れるころには、既に進行がんとなっていることが多いです。また、血尿は目では確認できない程度のものも存在します。