病気や事故に負けず幸せな生活を

腎臓に起こる病気

腎臓には体内の老廃物を尿として排泄する機能があります。老廃物は「糸球体」と呼ばれる腎臓の中にある網目のような構造をもった組織で濾過されて、尿として体外に出ていきます。この機能が正常に働かなくなった状態が腎不全です。機能が動かなくなると、体内にある老廃物を上手く排出することが出来なくなります。

腎不全には、急性腎不全と慢性腎不全に分類することができます。急性腎不全は、薬剤など何らかの原因によって急激に腎臓の機能が低下しますが、適切な治療を受けることによって回復する可能性は高いです。しかしながら、慢性腎不全になると、治療を施しても腎臓の機能は回復することはありません。腎不全の進行を抑えるため治療となります。

末期の腎不全になると、人工透析か腎臓移植を行わなければなりません。

腎臓には色々な腫瘍が発生しますが、ほとんどの腫瘍が良性の腎嚢胞です。

尿をつくる部分にできる悪性腫瘍のことを腎がんと呼び、10万人当たり男性で7人、女性で3人ほど発生すると言われています。高齢の男性が発症することが多く、加齢に伴って発生頻度が高まる癌です。

腎臓は体の表面から深いところに位置するため、早期の段階では自覚症状はありません。脇腹から腰にかけての痛み、血尿、おなかやわき腹のしこりが現れるころには、既に進行がんとなっていることが多いです。また、血尿は目では確認できない程度のものも存在します。