病気や事故に負けず幸せな生活を

良性と悪性の乳腺腫瘍とは?

乳腺腫瘍とは、乳腺に発生する腫瘍で良性のものと悪性のものが存在します。

乳腺にできる悪性腫瘍の殆どは乳がんです。女性がかかる癌で最近最も多いのは乳がんで、約20人に1人の女性が経験すると言われています。症状には、乳房やわきの下のしこり、引きつり、くぼみ、乳頭やその周りの異常です。その中でも、ほとんどの症状が痛みを伴わないしこりです。硬い場合が多いですが、やわらかい場合もあります。しこりを押しても痛みはほとんどありません。

乳がんになる原因の最も大きなリスク要因は遺伝的なものですが、以下の点に当てはまる人もなりやすいと言われています。

・初潮年齢が早かった
・出産経験がない
・初産年齢が遅かった(30歳以上)
・閉経年齢が遅かった

現在、乳がん患者数は年々増え続けています。患者増加の背景には、日本人の食生活の欧米化による肥満、高齢出産や独身の増加などがあります。

30代40代の女性でも発症することの多いがんです。若いからと油断せず、乳房の異常に気づいたら、専門医を受診して必要な検査を行うことが大切です。

乳がん以外にも、乳腺肉腫と呼ばれる悪性腫瘍もあります。この場合の治療法は、手術または化学療法で治療します。乳がんに比べると発生率が非常に低い病気です。

良性の乳腺腫瘍には、線維腺腫、乳腺症、乳管内乳頭腫などがあります。がん化する可能性が低いため、切除する必要はありません。非常に大きくなった場合には、乳房が変形するため切除することがあります。