病気や事故に負けず幸せな生活を

貧血の怖さ

日本人の成人女性のうちの約17%が貧血だというデータがありますが、実際に貧血だと自覚している人は少ないと言われています。

貧血には色々な種類があります。貧血の80~90%を占める最もよくある貧血は、鉄欠乏性貧血です。不規則な食事や出血によって血液中の鉄分が不足することが原因で発症します。身体がだるい、不眠、落ち込みがち、イライラする、のどが痛い、肌や爪のトラブル(二枚爪など)がある人は鉄欠乏性貧血を疑ってください。下まぶたをアッカンベーをした時のようにめくってみてください。貧血がある人は下まぶたが白っぽくなっています。

重度の貧血には、骨髄が脂肪に置き換わり赤血球、白血球、血小板を作ることができなくなることで、出血が止まり難くなる「再生不良性貧血」、赤血球が壊れ易くなる「溶血性貧血」、癌や感染症など他の病気の二次症状として起こる「二次性貧血」があります。

「たかが貧血」では終わらさず、気になる事があれば医療機関に相談しましょう。他の病気のサインかもしれません。