病気や事故に負けず幸せな生活を

頻尿の原因

成人は、平均的に1日に昼5回、夜0〜1回排尿を行います。しかし、頻尿になると、用を足してもまたすぐに行きたくなる症状が出て、排尿の回数が平均より増えます。昼8回、夜2回を超えると頻尿の症状を疑ったほうが良いでしょう。

頻尿の起こる原因は、膀胱や前立腺など泌尿器系の臓器に病気症状として発生しているものと、そのような原因なく発生するものがあります。

頻尿の原因として多いものの例として、「過活動膀胱」があります。「過活動膀胱」は、膀胱に尿が十分に溜まっていないのに、膀胱が勝手に収縮するという病気です。急に急に尿意をもよおし何度もトイレに行きます。前立腺肥大症による排尿障害や脳や脊髄の病気に伴って起こることもありますが、加齢による老化現象によって起こることは少なくありません。