病気や事故に負けず幸せな生活を

風疹の症状や怖さ

風疹とは、ウイルス性発疹症です。

感染から14~21日の潜伏期間を経て、主な症状である発疹とリンパ節腫脹と発熱が発生し、その後、発疹は顔から始まり一気に全身に広がります。子どもの頃に予防接種を受けなかった成人に多く発症する病気で、特に20〜30代の男性に多く発症すると言われています。

3~4日で治るので「3日はしか」とも呼ばれていますが、麻疹(はしか)とは違う病気です。

妊娠20週頃までの女性が風疹ウイルスに感染すると、おなかの赤ちゃんが目や耳、心臓に障害が出る「先天性風疹症候群」で生まれる可能性があります。特に風疹の予防接種を受けたことがない人は、男女関係なく風疹ワクチンを接種するべきです。