病気や事故に負けず幸せな生活を

食道がんの症状

食道がんになっても初期の段階では自覚症状が現れないことが多いため、健康診断などの検査で発見されるケースが多くあります。自覚症状がない段階で発見することができれば、比較的初期の段階である可能性が高いため、治る確率が高いと言えるでしょう。

食道がんが進行すると、のどや胸に痛みやしみる感覚を感じたり、飲み込む時につっかえる感じが現れます。食事量が減るため体重が減ることもあります。食道の周りには肺や期間、心臓、肝臓、胃など大切な臓器がありますので、がんが大きくなり食道の壁を貫くことがあれば胸や背中に痛みを感じることや激しい咳がでることがあります。