病気や事故に負けず幸せな生活を

HIVとエイズの違い

「HIV=エイズ」ではありません。

HIV(Human Immunodeficiency Virus)はヒト免疫不全ウイルスと呼ばれるウイルスの名前。エイズはHIVに感染することによって発症する病気の総称です。

HIVが人に感染すると身体の免疫力が低下し、健康な人には何ともない病気にかかります。代表的な23の疾患が決まっておりこれらを発症するとエイズと診断されます。

HIVを含む血液、粘膜、母乳といった体液が、粘膜や傷口から血液に入り込むことによって感染します。主に「血液感染」「性的感染」「母子感染」が主な感染経路とされおり、HIVは空気中や水の中では感染力を失うため通常の生活の中で感染することはありません。

HIVに感染したからといって必ずエイズを発症するわけではなく、適切な治療をうけることでエイズを発症しないまま生きることが可能です。