病気や事故に負けず幸せな生活を

HIVに感染したしたことを知るためには

HIVに感染すると約2週間目から急激に体内で増殖を始め、発熱・頭痛・リンパ節腫脹・発疹等インフルエンザに似た症状が出ると言われています。

感染したかどうか知るには、HIV検査を行うしか方法がありません。特徴な症状が無く、数日から数週間で症状が消えてしまうため、症状だけではHIVと診断することはできません。検査を受けず気付かなかった場合には治療が遅れてしまうことになります。全国の保健所や医療機関で検査を受けることができるので、感染の可能性がある行為をしたのであれば、検査を受けることが大変重要です。

HIV感染を早期発見することができれば、治療を受けエイズ発症を予防することが可能です。現在の医療では完治することはできませんが、投薬を続けることでこれまでと同様の生活を送ることができるでしょう。