病気や事故に負けず幸せな生活を

医療保険

喉頭がんとは

喉頭とは、分かり易く言うと「のどぼとけ」のことで、食道と気道が分離する箇所に気道の安全装置として発生した器官です。喉頭に発生する悪性腫瘍を喉頭がんと呼びます。

自覚症状が分かり易いため、比較的早期に見つける事ができる癌と言えます。代表的な症状は、のどの痛みや違和感、声のかすれ、嚥下障害(飲み込み難い)、首のしこり、血痰、呼吸困難などです。

喉頭がんは、腫瘍ができる場所によって分類されます。声帯の上の方にできる「声門上がん」、整体声帯にできる「声門がん」、声帯の下や気管の上部にできる「声門下がん」があります。

喉頭がんの原因は喫煙や飲酒と言われますが、実際は、患者の約90%が喫煙者です。喫煙者と非喫煙者では喉頭がんになる確立が約30倍上がると言われています。

喉頭がんの場合、放射線治療がまず始めに行われます。理由としては、喉頭がんには放射線治療が効き易いこと、そして、喉頭が存在する場所は声を出す・飲み込む・呼吸をするなどの大切な機能が備わっているところのため、できるだけ本来の機能を残したまま癌を取り除くことが可能だからです。

医療保険はなぜ必要なのか?

健康保険に加入しているのに、なぜ医療保険(入院保険)にも加入する必要があるのでしょうか?

病気や怪我で入院した場合、健康保険があれば負担は費用の3割弱でおさまりますが、100%カバーされるわけではありません。特に、治療日数が長引いたり健康保険対象外の治療をした時には個人の負担も大きくなります。

健康保険にも【高額療養費制度】といって、70歳未満の方が医療を受けた際に自己負担額が高額になり一定の金額(自己負担限度額)を超えた場合、超過分が後日払い戻される制度があります。しかし、【高額療養費制度】は保険対象の治療のみに適用され、先進医療には適用できないケースがほとんどです。

また、入院や手術には給付金が出るけれども通院には出ないケースもありますので、万が一の時に備えて、個人の負担を軽減する為やより最新の先進医療を受ける為に民間の医療保険に加入される方が多くいらっしゃいます。

介護保険について知りたい

誰しもいつまでも健康で暮らしたいと希望すると思いますが、年を取ると寝たきりや認知症など介護が必要な状況になり、自分だけの力では暮らせなくなる可能性があります。

介護には多額の費用がかかります。いざあなたが介護が必要な身体になってしまうと、金銭面で家族に迷惑をかけてしまうことになります。家族の経済的、また心の負担を軽くするためにも、介護保険は必要なのです。

介護保険には、公的介護保険と民間介護保険があります。 公的介護保険とは、国民が介護保険料を支払い、その保険料を財源として要介護者たちに介護サービスを提供する制度のことをいいます。平成12年にスタートしました。40歳以上の人は介護保険に加入し保険料を支払います。

介護保険のサービスを利用するには、介護や日常生活に支援が必要な状態である要介護者として認定されなければなりません。

65歳以上は「第1号被保険者」となり介護の原因を問わず所定の要介護状態になった場合に保障を受けられます。40~64歳の人は「第2号被保険者」となります。老化に起因する特定の病気によって要介護状態になった場合に限り、介護サービスを受けることができます。

糖尿病とは

糖尿病になると、インスリンと呼ばれるホルモンの作用が低下します。インスリンは細胞が血液の中からブドウ糖を取り込みエネルギーとして利用する助けをしてるので、インスリンの作用が低下すると、ブドウ糖(血糖)を上手く利用できなくなり血液中のブトウ糖(血糖)が多くなってしまいます。

糖尿病で一番怖いのは合併症です。失明など目の病気や腎臓の病気になり透析が必要になることが起こり得ます。

糖尿病には大きく分けて「1型糖尿病」と「2型糖尿病」の2種類があります。

「1型糖尿病」は、すい臓からインスリンが全く分泌されない状態である為、体外からインスリンを入れなければならず、インスリン注射が欠かせません。年齢に関係なく発症します。

糖尿病患者の10人に9人が「2型糖尿病」です。成人に多い糖尿病です。肥満や運動不足等をきっかけに発症し、よく「生活習慣が悪かったので発症した」と呼ばれるタイプは2型となります。

糖尿病にかかってしまった時、一番怖いのは合併症です。糖尿病になったら必ず合併症になる訳ではありません。適切な治療を受けることによって防ぐことができます。

糖尿病の代表的な治療方法は「食事療法」「運動療法」「薬物療法」です。

Pages